LibreOffice5.3

 LinuxMint 18.1でインストールされるLibreOfficeはv5.1.6である。これでなんの支障もなく便利に使っていた。しかし、例によって最新版病が頭をもたげ、結局v5.3.1.2にしてしまった。

Ubuntu-Mateに

 しばらくの間ArchLinuxを使ってきた。コンパクトで良かったが、なんだかんだといじっているうちに動作が重くなってきた。もうどんなパッケージをインストールしてあるのかもわからなくなってきた。それを整理するつもりだった。しかしどうやら気力が足りないようだ。

 そこでUbuntuにしてみた。これはインストールしやすい。しかし、Ubuntuから離れるきっかけになったあのデスクトップはやはり無理だった。そこでUbuntu-Mateに変えてみた。上と下のパネルを入れ替えると、これまで使ってきたCinnamonデスクトップと見た目はそっくりになった。

元の木阿弥

 2年数ヶ月前、借りていた共用サーバでCPU負荷率という値が跳ね上がり、原因が特定できないままサイトをVPSに移した。VPSではCPU占有時間、DiskI/O、転送量とも概ね低いまま推移したが、あるときDiskI/Oが跳ね上がった。原因はownCloudの設定を間違えたまま、その同期フォルダ内のファイルで作業を続けたためだった。そこでもしかすると2年前の現象もこれだったか、と思い、再び同じ共用サーバを借りて、ownCloud以外のサイトを戻してみた。

MODXを2.5.1にダウングレード

 MODXは現在2.5.2-plが最新だが、残念ながら2.5.1-plにダウングレードした。ブログに使っているArticlesと連携したArchivistがうまく動作しないためである。2.5.2では年ごと、月ごとのアーカイブリストが表示されなくなった。最新でないと気がすまない私としては落ち着かない。

FileZillaでの出来事

 Webサイトを久しぶりに共用サーバに戻してみた。とにかく安い。遠からず稼ぎがなくなる身にはありがたい。以前、アカウントの負荷率が急に跳ね上がり、それが続いた。そのため共用サーバにいてはまずいと思いVPSに移った。しかし大分経って、どうやらその原因はownCloudの設定ミスによるものだったらしいと見当がついた。そこでownCloud以外を戻した。ownCloudも設定を直したが念のためVPSに残したままだ。ownCloudは遠からず要らなくなる予定だ。

ownCloudアップデート

 ownCloudのアップデートが出た。従来は頻繁にアップデートがあり、その都度、サーバーがストップしていた。私がApacheのオーナー、グループ名を独自に変更していたせいでパーミッションが合わなかったからだ。今回の9.1.0から9.1.1へのアップデートは自動では行われなかった。管理画面から実行しようとすると、cURLエラーが生じる。これが原因のようだ。理由として証明書が自己認証である、と出ていた。

RSSフィードをつけてみた

 MODXのブログエキストラArticlesには最初からRSSフィードの機能が備わっていた。しかし、あるバージョンのときふと気がつくとそれが無効になっていた。まあなければなくてもいいのではないかとそのまま外していたが、サーバーを移転したついでに、再びつけてみることにした。

ownCloudでの失敗

 新たに移行したWebサーバへのアクセスが異常に遅くなった。おかしいのでコントロールパネルを開いてみたところ、なんと「IOPS制限中」というオレンジ色のマークがつき、Disk I/Oを見るとびっくりするようなr/wの状況だった。そんな馬鹿なことはない。自慢にはならないが、このサイトは私自身と検索ロボットしかアクセスしない。そんなに高負荷になるはずがない。